タグ:ベルギー ( 7 ) タグの人気記事

Belgium ~Brugge 

飛行機の都合でDUS経由で戻る為、師匠とお別れして、こちらでお世話になっている方とDUS合流して買い出しする事にしました。
DUSは勿論、この周辺は初めてだという事でバスと電車を使って遠足に出掛けました。
向かった先は、ベルギーのブルージュ。
b0094239_15285941.jpg


More
[PR]

by hiro-schon | 2008-09-19 19:08 | Reisen   旅

Belgium ~ Tongeren

昨日書けなかった日曜日のこと。
宿泊した街の近くに毎週日曜日にアンティーク市が開かれているTongerenという街があり、かなり雨が降っていましたが、今迄機会が無かったので寄ってみました。
街に入る前から「Antik」の看板があちこち出ていて、街なかにもいろいろなショップがあり、アンティークの街といった感じでした。
b0094239_19223854.jpg
街の中心部の大通り沿いにテントが立ち並び(家具中心)、2つの大きな倉庫のような所では、銀器や照明などが売られていて人で一杯でした。
b0094239_19243626.jpg
今回の戦利品は、ガラスのパンチボールと12個のカップ。30年前の物なのでアンティークではありませんが、随分探していたので、ちょっと喜んでいます。
[PR]

by hiro-schon | 2006-11-22 05:02 | Reisen   旅

美食会 @ Clos St.Denis

b0094239_710910.jpgこの週末は、私達の送別会を兼ねた美食会でベルギーのKortessemにある2つ星レストラン「Clos St.Denis」へ泊りがけで出掛けました。
隣町のホテルにチェックイン後、車で向かおうとすると、カーナビが示すのは舗装されていない農道。電灯もない真っ暗な道をガタゴト走っている時は、一体どんな所か心配でしたが、そこは昔の狩猟館を改造した素敵なお店でした。
b0094239_7123766.jpg蟹のサラダに始まり、白トリフと卵黄のパスタ、フォアグラ入りラビオリの黒トリフ掛け、3種のりんごソースで頂く鹿肉のグリル、デザートは、洋梨のCrème Brûléeと濃厚なチョコレートアイスの5品。白トリフのパスタは香りよく、と卵黄の半生加減がとても美味しくて、それだけまた食べに行きたい位です。
一応今回送別して頂きましたが、できる事なら今後も都合を合わせて参加したいです。
b0094239_7255636.jpgb0094239_7261478.jpg
b0094239_7263656.jpgb0094239_7265320.jpg

[PR]

by hiro-schon | 2006-11-21 07:28 | Essen  食

Belgium ~ Antwerpen ②

土曜日は、2週続けてアントワープへ日帰りで行きました。
b0094239_16382258.jpgまずは先週に続き「山優三辰」でちらし寿司を食べた後、ミサの為に入れなかったノートルダム大聖堂のルーベンスの三連祭壇画を見に行きました。そして、かなりガックリだった州立ダイヤモンド博物館へ行った後、用事を済ませました。
その後、OL時代友人のmakiちゃんお勧めの手袋屋「A.Boon」へ。そのお店では、店員さんに手のサイズを測って貰って手袋選びます。いろんな色・形の手袋があって散々悩んだ挙句に、中がカシミアになっていてとても暖かいシンプルなコレ↓を選びました。(もしカシミアが痛んでしまっても張り替えてくれます。)また行った時には違うのを買ってしまいそうです。
b0094239_17134161.jpgb0094239_17115371.jpg


[PR]

by hiro-schon | 2006-10-22 17:15 | Reisen   旅

Belgium ~ Antwerpen

今日は、彼がまだベルギーでは行った事のない街アントワープへ日帰りで行ってきました。(私は、アテンド等で3回目。)
b0094239_601964.jpgアントワープに到着してまず向かったのは、
「山優三辰」アントワープ店。
お目当ては、ネタ満載のちらし寿司。→
ベルギーに行って「何で寿司?」って感じですが、港町なだけにDUSでは食べられない美味しいネタが食べられるのです。DUSでも美味しいお寿司屋さんがありますが、ネタが限られてしまいます。エンガワなんて、4年ぶり。感激しながら、あっと言う間にぺロリでした。
b0094239_339051.jpg
続いて、甘い物好きの彼が行きたがっていた老舗菓子店「Del Rey」へ。
ケーキを6個買い、その内のエクレアを彼はいつものように店先でパクついてました。
そして、「フランダースの犬」のネロ少年がひと目見たいと憧れていたルーベンスの三連祭壇画があるノートルダム大聖堂へ。
しかし、ミサの時間が始まってしまい、祭壇画を見る事ができず、来週末に諸事情でまたアントワープへ行くので、その時までのお預けとなりました。
[PR]

by hiro-schon | 2006-10-15 06:53 | Reisen   旅

Belgium ~ Ardennnes

週末は、ベルギー南東部のアルデンヌ地方へ古城巡りの旅に出掛けました。
今まで行ってなかったと思い、土曜朝に運良く古城ホテル↓が予約できたので、急遽出発。
b0094239_19121123.jpg
3つの州にまたがるこの地方には、中世から10数もの城が点在しています。b0094239_23124481.jpgb0094239_1926531.jpg
b0094239_19274713.jpgb0094239_192891.jpg
全部のお城へは行けませんでしたが、5本の尖塔が特徴的なヴェーブ城・調度品が素敵なモダーヴ城・美しい庭園のアンヌボワ城・スポンタン城と近くのナミュールと今回のお気に入りのディナンという街に行きました。
b0094239_19362751.jpg
b0094239_2333762.jpg対岸から見る城砦と教会が印象的だったディナンは、サクソフォンが生まれた街でもあり、もし時間が合えば11月に行われる4年に1度の国際コンクールの時に訪れてみたいです。

←ディナン名物「クック・ドゥ・ディナン」。
[PR]

by hiro-schon | 2006-09-04 23:50 | Reisen   旅

Belgium ~ Floral Carpets

b0094239_1618355.jpgb0094239_16193170.jpg
b0094239_15542339.jpgこの週末は、ベルギーのブリュッセルへ2年に1度のフラワーカーペットを見に行きました。
これは世界遺産でもあるグランプラスの広場にゲント産のベコニアの鉢で作る花の絨毯です。
毎回デザインが変わり、今年のテーマは「中世の錬金術」。中世哲学の大きな柱のひとつであった錬金術がもつ、薔薇紋様や星形や幾何学紋様になっていました。
市庁舎のバルコニーからの77×24mのフラワーカーペットの眺めはとても素敵でした。
[PR]

by hiro-schon | 2006-08-13 16:53 | Reisen   旅