タグ:パン ( 7 ) タグの人気記事

青じそパン

b0094239_2125078.jpg
相変わらず我が家の青じそ達は豊作なので、新作を作ってみました。

More
[PR]

by hiro-schon | 2008-07-27 21:24 | Handarbeit 手作り

Kaiser Semmel

夫が日本出張から戻って、ようやくカイザーゼンメルが作れるようになりました。
b0094239_2135457.jpg

外側カリっと中がモチっとして好きなパンの一つです。
元々はオーストリアのパンですが、隣接する南ドイツ(バイエルン州等)でもポピュラーで、
その方面へ旅した際の朝食でこのパンを食べるのが楽しみでした。

b0094239_337511.jpgDUS(NRW州)でも売ってましたが、製法が違うのか、クラムのモチッリ感が少し足りない気がしてました。
そこで、自分で作ってみようと、昔習った時に使ったゼンメル型をあちこち探しましたが、見つかりませんでした。
DUSのパン屋さんに問合せたら、「ナイフで切り込みを入れているので、型は使っていない」との事。(あの食感の違いは、切り込みと型押しの違いなのかもしれません。)
そんな訳でドイツで買うのを諦めていましたが、ネット販売で←この型を見つけて、今回、彼の宿泊先へ。
日本は何でも手に入る便利な国と改めて思いました。
今回は、石が無い為に蒸気注入できなくて、クラストのカリッとさがあまり出ませんでしたが、
中はいい感じにモッチリしたので、嬉しくなってます。
次なる目標は「石」。
日本の園芸店のように小石が売っているといいのですが・・・。
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-07 04:33 | Handarbeit 手作り

ブリオッシュ

最近、我が家の定番になっているブリオッシュ。
b0094239_21363271.jpg
こちらに来て4ヶ月というのに、いまだにショートニングを見つけられずリーンな生地のパンを作れないので、ブリオッシュ生地をいろいろ応用してます。
きっとセンターの高級スーパーとかに行けばあるかもしれませんが、中々行けません。
そんな訳で、今回の旅行でショートニングを買って帰るつもりです。その他にもいろいろ書き出すと、殆ど買出し旅行のようになりそうです。
明日から22日迄、お休みします。
浮かれすぎ(階段から落ちたりしてます)て、事故しないように、気をつけていってきます。

しかし、↑撮るの、下手だわ~。ちっとも美味しそうじゃない。。。
食べ物の写真を撮るって本当に難しい。
どうしたら、他の方のように美味しそうに撮れるんだろう。やっぱり練習あるのみ?
戻ってきたら、真剣に一眼レフで撮る練習しようかな。
[PR]

by hiro-schon | 2007-06-08 23:56 | täglich  日々のコト

Узбекская Лепешка (ウズベキスタンのパン)

これまでロシアでおいしいパンにあまり出会えず、パンは手作りしています。
そんな中、ウズベキスタン料理店のパンはなかなか美味しくて、それを目当てに近所のレストランへ食べに行っていましたが、少し離れたスーパーで売っているのを発見!
b0094239_152182.jpg
モチモチした食感は同じで、これにはゴマが掛かっていて香ばしく美味しかったです。
ナンに似ているけどちょっと違う、一体どんなレシピなんだろう?・・・気になります。
[PR]

by hiro-schon | 2007-05-31 01:16 | Essen  食

復活祭のお菓子

ロシアでは復活祭が祝日になりませんが、ロシア正教徒の人々も復活祭を祝います。
この週末に雀が丘を訪れた時、隣接する教会に沢山の人々がつめかけていました。
b0094239_0201370.jpg
b0094239_0383379.jpg最初はミサがあるのだと思ってましたが、よくよく見ると人々は手にお菓子の箱や何か入った籠を持っています。
そして、教会の建物の周りでお菓子を取り出し、ロウソクを立てて神様にお供えをしていました。
どんなお菓子なのかとても気になりつつも、近くに行ってよく見れませんでしたが、帰りに寄ったお店で誰かが持っていたお菓子の箱に遭遇できて買って帰りました。
b0094239_192258.jpg
b0094239_110115.jpg調べてみると「KУЛИЧ(クリーチ)」という復活祭のお菓子です。
復活祭当日に教会に持って行き、ローソクを灯して神様にお供えした後、家に帰って彩色卵やクリーチ・パースハ(レアチーズ・ケーキ)などのご馳走と食べるようです。
形も中身(レーズンやナッツが入ったパン)も、イタリアのクリスマス菓子のパネトーネと似ています。
来年は作ってみようかと思います。
[PR]

by hiro-schon | 2007-04-10 04:25 | täglich  日々のコト

Weckmann

b0094239_22443331.jpg11月11日は、Sankt Martinの日でした。
聖マルティンは、兵隊、手工芸職人(織物、皮工芸等)、ホテル飲食業、旅人、貧者、移民、囚人、農家、ワイン製造業、粉屋、羊飼い達の守護聖人。寒さに震える貧者に自分のマントの半分を切り裂いて与えて助けた話の他に沢山の逸話を持ち、様々な奇跡を起こした聖人です。
私の住むラインラント地方では、11月10日や11日を中心に、その地区毎に暗くなってからLaterne(提灯)を持った子供達が「Laternenlieder (提灯の歌)」を歌いながらご近所を周り、お菓子やWeckmannをもらいます。
Weckmann(ヴェックマン)は、パイプやキャンディを持ってる人の形をしたパンで、 この時期にだけパン屋さんの店頭で売られています。今までは季節物として購入してましたが、今年は、ブリオッシュの生地をアレンジして作りました。
b0094239_1801933.jpg
人の形はお店によって違うので、3パターンの成型しました。
でも、ムキムキマンや埴輪のようなWeckmannになってしまい、彼と二人で大笑い。
まだまだ修行が足りませんね。
[PR]

by hiro-schon | 2006-11-12 23:09 | täglich  日々のコト

クグロフ

昨日21日は、5つも用事が重なり一日中バタバタしてしまったので、その事を。
まず朝一番でその前の日に作った彼の誕生日パン達の仕上げをして会社に搬入。
50人分のお菓子という事で何にするか悩みましたが、ケーキよりもパンの方が得意なので、お菓子パンとしてクグロフを3つとブルーベリー・ベーグルを20個作りました。
b0094239_5312771.jpg
この時期にクグロフ?という感じですが、先月のアルザス旅行で買った陶器のクグロフ型をどうしても使ってみたかったのです。
陶器の型はとても良く、今までの型よりもふっくら美味しく出来上がりました。
手前2つが陶器型で作ったもので、ステンレス型に同量の生地をいれて焼いた奥の物よりもふっくらしていると思います。
ドイツ人スタッフ達からも評判良かったようで、一安心してます。

搬入に続いて、カリグラフィー、それからボビンレースを習い、夕方にブリッジで大変お世話になった方が本帰国されるので、そのお見送り。そして、夜は会社関係の懇親会に出席し、帰宅したのは25時でした。
一昨日は紅茶の会の後作り始め、全部が作り終わったのは23時すぎだったこともあり、もうヘトヘト。歳を重ねるにつれ、無理が利かなくなっていると痛感してます。
今日は、ホントは身体を休めたかったのですが、午前中は昨日やり残したカリグラフィーの作品作り、午後はW杯観戦で来独している友人達にDUSを軽くご案内致しました。
この後、昨日ギリギリで手に入った日本対ブラジル戦の観戦に出掛けます。
ブラジル相手の試合、精一杯頑張って貰いたいです。
[PR]

by hiro-schon | 2006-06-22 23:00 | täglich  日々のコト