タグ:イギリス ( 17 ) タグの人気記事

London ~ Antique Market ②

8/10は私の誕生日でしたが、9日晩から悪寒がして10日は発熱の為に一日床に伏せ、その後、熱が内臓に溜まったのか胃腸がやらて今も殆ど物が食べられません。
食いしん坊の私がこんな状態になったのは初めてなので我ながらかなり驚いてますが、彼を放ってロンドンで浮かれて食べ過ぎた罰なのかもしれません。少し反省してます。

さて、食べ物の事だとまだ気分が悪くなるので、それ以外のロンドンでの成果。
b0094239_13152014.jpg
今回はあまりご縁が無く、プレート物にしてより実用的な物ばかりを選びました。
残念だったのは、憧れのモートスキマーに出会えたのに、その週オーナーが不在で交渉できませんでした。きっと私にはまだ早いという事なのかも。いつの日か手にしたいな。

b0094239_13514020.jpgバーモンジーとポートベローへ行きましたが、
←バーモンジーは建設中のビルの1階に露店が出ていて驚きました。
雨の日も濡れなくてよさそうです。
[PR]

by hiro-schon | 2007-08-13 18:20 | Reisen   旅

London ~ 胃拡張(?)旅行

b0094239_1618268.jpg
約1年ぶりのロンドンで、楽しく美味しく時間を過ごしてきました。
久しぶりに会う友人といろいろお喋りして、前向きな彼女から沢山の元気を貰いました。
気持ち良かったのは、彼女の日課のウォーキングに便乗しての朝のチェルシー散策。
モスクワで気持ち良く散歩できない(治安+空気や景色が良くない)し、朝のナイツブリッジ周辺はとても新鮮でした。

そして、大好きなスーパー(Waitrose,Sainsbury's,M&Sなど)には、足繁く通いました。
スーパー・マニアとしては、興味がある物ばかりで本当に飽きがきません。
痛恨の失敗は、大きな葛篭で渡英しなかった事です。もっといろいろ買いたかったな。

洋服などは当初、セール終盤だし、眩暈のするようなポンド高だったから買うつもりはなかったのですが、ワンサイズ小さくなっていたのとモスクワより安く品物が多いので、1ポンド=200円と暗示をかけながら買い物しました。
しかし、連日好きな物を食べてばかりいたので、見事にリバウンドしてます。
買った服たちは、いつ着れるのやら・・・。

More
[PR]

by hiro-schon | 2007-08-09 23:54 | Reisen   旅

London ~ Brown's Hotel Afternoon Tea

昨日に続いて、ロンドンでの出来事。
しばらく行っていなかったアフタヌーンティーにKaribu-chaiさんと出掛けました。
b0094239_21525611.jpgしばらく改装の為にクローズしていたBrown's HotelのEnglish Tea Roomに行きました。
ジョージアン様式の高い天井に、落ち着いた内装で寛げる空間になっていました。
選んだ紅茶は、karibu-chaiさんがDarjeeling、私はBrown's Afternoon Blendにしましたが、どちらも茶葉が少ないのか時間を置いても薄くて美味しくなかったです。
b0094239_2065779.jpgまた、お茶の替わりを聞きに来てくれない等、サービスが・・・。
そして、ティーフーズの方も、スコーンはやや冷えぎみで少し固く、サンドイッチは中のフィリングは多すぎてポロポロ落ちてしまうので、エレガントではありませんでした。
・・・なんだか辛口になってしまいましたが、とても期待していた分、ガッカリ度が高くなってしまったのかもしれません。

[PR]

by hiro-schon | 2006-09-23 22:35 | Tee   茶

London ~ Antique 「Tea Caddy」

この所、芝生アレルギーの為に今ひとつの体調で、旅行の為に振り替えた予定をこなさなければならず、余裕がなくて更新が遅れてます。
昨日はブリッジをお休みして、Sさん主催の紅茶の会でした。「世界の紅茶文化」をテーマに、ケニア紅茶を始め、サモワールチャイダンルックを使ったりしてロシアやトルコ、アイルランド、バルト3国で飲まれている紅茶など6種類の紅茶を楽しんで頂きました。

話題を変えて、今回のロンドンでの成果(?)です。
b0094239_16272338.jpg
手前は、ジャム入れ&果物柄に細工されたジャムスプーンとケーキトング、奥は、いつも気になっていた「ティーキャディ(茶箱)」。
その昔、お茶が貴重だった時代、このような鍵付きの箱に入れて保管していました。
真ん中のガラスボウルは、左右のケースのお茶を好みにブレンドするミキシングボウル説と、貴重品だった砂糖を収納した説とあります。
1820年代の物で状態も良く、鍵の部分が大好きなマザーパールの細工がされて、心を惹かれたのですが、実用的というよりも装飾品なのでどうするか悩んでいたら、karibu-chaiさんの「アンティークは出会いだから、迷った時は買うようにしているわ。」という言葉で、決めました。
眺めていると、これが使われていた時代に思いを馳せて幸せな気分になれます。
[PR]

by hiro-schon | 2006-09-22 17:31 | Tee   茶

Ireland

昨晩、3泊4日のアイルランド女2人旅からロンドンへ戻ってきました。
今回は小さめの車(日産マーチ)をレンタカーして周りました。
走行距離は1,150Km、久々の左側通行に最初はドキドキでした。
b0094239_57967.jpg
初日はダブリンから、石垣の細い道に苦労しながらバレン高原を越えて↑モハーの断崖へ。
b0094239_5192962.jpg
2日目に、一番印象深かったベルファスト北にあるジャイアンツ・コーズウェイを訪れました。
あんなに規模の大きい無数の6角形の石柱群を見るのは初めてで、ただただ驚くばかり。
b0094239_5142524.jpg
その晩は、IRAの影響でいまだに平日夜8時でも人通りが疎らなベルファストに泊まりました。
b0094239_5343834.jpgb0094239_535516.jpg
3日目は、不思議な古墳群のニューグレンジを見学して、ダブリンに戻りました。
b0094239_66403.jpgb0094239_66240.jpg
ダブリンでは、トリニティーカレッジの「ケルズの書」に釘づけ。
Irische書体関連の本を買いまくりました。
旅行中、雨に見舞われてましたが、大満足の旅でした。
[PR]

by hiro-schon | 2006-09-14 20:32 | Reisen   旅

London ~ Antique Market

今日は一日、ボビンレースの課題作り。
結局終わらないので、昨日書かなかったロンドンでのこと。
4日間とも良いお天気で30℃以上。デュッセルと違って幾分湿度が高いせいか、少し日本の夏を思い出しました。この暑さの為、いつもの茶葉買出しにグルグル回る所、何軒か挫折してしました。(ちょっと後悔。。。)

シルバー類については、今回初めてLondon Silver Vaultsに行きました。入口で荷物チェックを受けた後、地下のお店に沢山の銀器があって、1軒1軒見て周るのにかなり時間が掛かりましたが、とても目の保養になりました。
土曜日には金曜のバーモンジーの代わりに早起きしてポートベローへ行きました。
b0094239_613396.jpg
お目当ては、ケーキサーバー。でも、なかなか心惹かれる物に出会えませんでした。
これから夏に向かうからか、アンティークガラスのピッチャーやアイストングが目立ちました。
b0094239_615028.jpg今回我が家にやってきたのは、このアイストング(鳥の足の細工が気持ち悪いと彼に不評で、しょんぼり。。。)と、いつもと違うお店で出会い、思わず購入してしまったビスケットウォマー。今まで本でしか見た事がなくて、まさか自分の物になるとは思わなかったので、とても幸せな気分です。

[PR]

by hiro-schon | 2006-07-04 23:57 | Reisen   旅

London~Wimbledon

在独してから通算10回目のロンドンから、昨晩戻ってきました。
今回の目的は、7月末に本帰国するY子さんにお会いするのとウィンブルドン観戦でした。
これまでウィンブルドンの時期に出かけられずにいたので、興味津々。
前売り券は持ってなくて当日券狙いなので、W杯イングランド対ポルトガル戦の時間帯なら少しは空いているのではと思い、土曜日の17時頃に出掛けました。
日中30℃を越える暑さとアガシ選手の試合が終わった事もあって、並ぶ事なくすんなり入場出来ました。
熱烈テニスファンではないので、まずはウィンブルドン名物の苺とシャンパンをと思っていたら、暑さのためにシャンパンは大瓶しか残っていないので、断念。
b0094239_435636.jpgb0094239_2113813.jpg
b0094239_4354854.jpgでも、一見IceTeaに見えるPimmsと苺にしました。これは、Pimms(アルコール25度)をレモネードや炭酸で割り、柑橘類や胡瓜のスライス(いかにも英国っぽい!)にミントの葉を加えた飲み物です。
写真は、隣で同じようにPimmsと苺を楽しむカップル。
その後、場内を散策。センタコートや第一コート以外は、気軽に座って観戦できます。
プレー中の選手の息遣いが聞こえる程の近い距離なので、ビックリしました。
b0094239_431656.jpg写真はセンターコートの外の大スクリーンで観戦する人達。
中には入れないけど、ただ芝生に座っている人以外にマイチェアを持参したり、ピクニックするグループもいて、各々楽しんでいました。
全試合が終わる夕暮れ時(といっても20時)になると生演奏が聞こえてきて、シャンパンやPimms片手に会話する人々の姿はとてもいい雰囲気でした。
また機会があれば行ってみたいと思います。
[PR]

by hiro-schon | 2006-07-03 20:13 | Reisen   旅