タグ:アレルギー ( 5 ) タグの人気記事

-3℃の街

氷点下の毎日ですが、-5℃よりも上だと暖かく感じるようになってきました。
先日、アレルギー検査にセンター(都心)へ出た際の街の様子です。
b0094239_1574494.jpg
b0094239_1575866.jpg
b0094239_1581230.jpg
b0094239_1582567.jpg
この日は-3℃位だったので、待ち行く人達もそんな重装備ではありませんでした。
本格的に寒い日は、どんな感じなのかしら。
とても興味がありますが、まだちゃんとした重装備がないので、早く揃えなくては。

More
[PR]

by hiro-schon | 2007-11-23 02:59 | täglich  日々のコト

痒い~

モスクワへ行く前に、何の花粉に反応するのかきちんと調べる検査に行きました。
b0094239_7365374.jpg事前の血液検査で20項目のアレルギーの保有度を調べた上で、その内の数値の高いものに関して皮膚テスト(皮膚にアレルギーのもとになるエキスをたらして針で浅く刺し、10分後に反応をみるテスト)をしました。
反応する疑いのあるものは、
⑥Grüsemischung(芝・イグサ・塊茎類)、
⑦Getreidemischung(ライ麦・小麦)、⑩Birke(白樺)。
←見事に全部に反応して、蚊に刺されたように膨らんで痒かったです。(醜い腕でスミマセン。でも、腕に直接ボールペンで番号を書かれたのがドイツらしいと思ったので。)
日本でスギとブタクサとイネ科だと分ってましたが、この春から症状が酷くなりだした白樺に加えて、更にイネ科つながりの麦類にも反応すると思わなかったのでビックリ!とうとう麦にもかという感じです。
モスクワには沢山の白樺林があり、ようやく決まった家の近くにも白樺林があります。
その事を先生にお話した所、体質改善の治療を始めましょうという事になりました。
飲み薬中心のようですが、それで改善されるのであれば嬉しいのですが・・・。
[PR]

by hiro-schon | 2006-12-06 04:18 | täglich  日々のコト

DUSソフトボール大会

今日はFさん/Oさん主催の紅茶を楽しむ会。テーマは、「スリランカ紅茶を楽しむ」。
以前にも書きましたが、ドイツではスリランカの産地別紅茶は良質の茶葉が入手しづらいので、日本や英国からのスリランカの5つの産地別紅茶をご紹介致しました。

土曜日の最終便でロンドンから戻り、日曜日は恒例のDUSソフトボール大会+BBQで体調が悪くなってしまい、昨日のNさんの紅茶の会はキャンセルしてしまいました。(Nさん達、本当にごめんなさい。)旅行疲れというよりも一日中「芝生」の上にいたのが原因だと思います。芝生アレルギーのせいでソフトボール大会の後はいつも体調が悪くなるので、スケジュールを入れてしまった事を深く反省しています。
b0094239_1564316.jpgDUSソフトボール大会は、日本人クラブ主催で毎年5月&9月に行われています。
最近は会社毎というよりも混合チームの参加が多いのですが、彼の会社は3チーム参加しています。
2年前迄は私も選手として出場してましたが、歳を感じて専ら応援部隊として観戦しています。今回は1チームが6位となったので、その後のBBQは盛り上がりました。
[PR]

by hiro-schon | 2006-09-19 23:57 | täglich  日々のコト

平たい桃

ここで日本のような果肉が白い桃を食べたいと思うと、こんな平たい形の蟠桃(ばんとう)になります。
b0094239_17293864.jpg
果物は比較的安く手に入る中、この桃はちょっと高めだけど美味です。
今年から白樺の花粉に反応する様になったので、本当は桃や胡桃のような核果類は食べない方がいいとお医者さんに言われましたが、桃好きなので、どうしても食べたくなってしまい、今日ほんの少しだけ頂きました。
[PR]

by hiro-schon | 2006-08-09 07:06 | Essen  食

白樺の花粉

先週から一気に暑くなった上に風が強いせいで、今日もあたり一面真っ黄色です。
b0094239_282367.jpg歩道は勿論、外置きの車、窓を開ければ部屋の中までうっすらと積もります。
今は、この黄色い「白樺」の花粉です。(もう少しすると、綿毛のようなポプラの花粉が街中を舞います。)
私は来独直後から花粉症に悩まされています。
日本では、スギ花粉とイネ科植物(特定の植物ではなく、麦のような穂を持つ草や芝生など)に反応していて、ここではスギ花粉は無いので少しは暮らしやすいかと思っていましたが、イネ科植物にとても反応して、日本以上に症状が激しいです。
また、ドイツの花粉には様々の種類があり、飛ぶ時期もそれぞれ異なるので、運の悪い人は一年中花粉症に苦しむことになります。私もそんな一人らしく、2月から11月頃まで、花粉症用のかなり強い薬(不眠症の私には安眠薬としても効果有!?)と点鼻薬にはお世話になってます。しかし、それでも毎年いろいろな辛い思い(酷い頭痛や咳のしすぎで肋間神経痛になるなど)をしています。
目下のところ、この「白樺」に対して、耳の中まで痒く炎症を起したり、前以上に酷い頭痛に悩まされています。
今朝は、朝一番で掛かりつけの耳鼻科へ行き、この酷い頭痛を訴えたら、腰(おしり?)に注射されました。少し楽になりましたが、それでも薬は飲み続けないといけない様子です。

緑溢れるドイツはとても素敵ですが、私にとっては恐怖です。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-11 06:27 | täglich  日々のコト