<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

船旅Ⅰ ~Dubrovnik

まる一日走って着いた寄港地は、今回の船旅で一番行きたかったドブログニク。
b0094239_1657136.jpg
b0094239_1357512.jpg小さい港なので、私達の乗るような大型船は着艇できず沖にアンカーリングして足舟に乗り換えて上陸します。
←足舟に使われた救命ボート。
b0094239_1423364.jpg
足舟から見た海面はとても澄んでいて綺麗でした。


b0094239_1441578.jpg
旧市街は城壁で囲まれてます。


街の中に入るとピカピカに光る大理石で敷き詰められた通りが続きます。
b0094239_1428328.jpg
b0094239_14404117.jpg
b0094239_148043.jpgb0094239_149742.jpg
b0094239_1482124.jpgb0094239_1493752.jpg
b0094239_1427363.jpg



b0094239_14431888.jpg
丘の上から見た旧市街はとても印象深くて、いつまでも眺めていたかったです。


次は、終点のVenezia。
あっと言う間の8日間。本当に楽しい船旅でした。

More
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-22 17:16 | Reisen   旅

船旅Ⅰ ~Istanbul

次の寄港地は、イスタンブル。
b0094239_275682.jpg
ガラタ橋の上は相変わらず釣りをする人達で一杯。



私達がまず目指したのは、彼の大好きなバザール。
b0094239_2114493.jpg
エジプシャン・バザールは、食料品が多いので、特にお気に入り。
その裏にある道具街(トルコの合羽橋?)は、道具魔の私には危険地域です。
b0094239_2123593.jpg
いろいろなロクムを味見して購入しました。



b0094239_2144113.jpg
続いて向かったのは、アヤソフィア。
前回訪れた時に見学したので、ものすごく混んでいたから外からだけにしました。



b0094239_218134.jpg
でも、ブルー・モスクの中には、やはり入る事しました。
b0094239_220735.jpg
いつまでも眺めていたい美しいモザイク。



イタリア船籍なので、船での食事は当然イタリアン。
でも、寄港地で食べる時間がある時はその土地のものを食べたいので、ボスポラス海峡沿いにあるシーフードレストランでランチする事にしました。
b0094239_2555135.jpg




昼食後、今回是非とも行きたかった軍事博物館へ。
b0094239_2215646.jpg
兵器に興味があった訳でなく、毎日午後3時に行われるオスマン時代の軍楽隊メフテルのコンサートを聴きたかったのです。
生で聴くトルコ軍の行進曲は、迫力があってとても良かったです。


b0094239_2362586.jpg
港に戻る途中に、彼の大好きな激甘バクラヴァを買いました。


b0094239_237681.jpg
夕闇のボスポラス海峡。
次の目的地は、Dubrovnik です。
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-20 21:10 | Reisen   旅

船旅Ⅰ ~Izmir

次の寄港地は、トルコのイズミールでした。

b0094239_18293993.jpg
一昨年の年末年始休暇でトルコ全土を周った際に訪れた街だったので、今回は観光というよりもう一度行ってみたい所に行くことに。
彼はイスラム圏のバザールやスークへ行くのがとても好きなので、まずはそこへ。
b0094239_18353088.jpg
続いてトルコチャイと共に私が好きなトルコ菓子ガザンディビを食べました。
b0094239_195542.jpgb0094239_196678.jpg
これは牛乳と米粉と澱粉で作られていて中に鶏肉が細い繊維のように入っている甘いお菓子。
程よい甘さでトロミとモチモチした食感が美味しいです。(鶏肉の味はしません。)

b0094239_19543662.jpg
お茶の後は、船までの海岸をのんびり歩いて帰りました。


b0094239_1948399.jpg
次の寄港地は、Istanbul です。
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-19 18:23 | Reisen   旅

船旅Ⅰ ~Olympia

翌朝の寄港地は、ギリシアのOlympiaでした。
b0094239_16113167.jpg
厳密に言うと、Katakolonという港ですが、車で少し行くとオリンピアに着きます。
b0094239_1620225.jpg
早速、バスに乗って、オリンピック発祥の地、オリンピア遺跡へ行きました。
b0094239_1628354.jpg
b0094239_1626817.jpg競技場では、既に何人もトラックを走って選手気分を味わってます。

←すっかりその気でスタートラインに立つ彼。
b0094239_1773171.jpg
ここは正午には乗船完了しなければいけず、慌てて船に戻ります。

b0094239_16473845.jpg

次の寄港地は、Izmirです。

More
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-18 16:05 | Reisen   旅

船旅Ⅰ ~Bari

一夜明けて最初の寄港地は、イタリア南部Bari(地図でいうとちょうど踵の所です)。
船旅の先輩に「小さな港町なので、わざわざ上陸しないで船内でゆっくりした方がいいかも」とアドバイスを受けましたが、観光好き(?)の彼がおとなしく船内に残るはずもなく、私達は2番手で船から下りました。(気合入りすぎ)
b0094239_3264516.jpg
b0094239_391778.jpgb0094239_393631.jpg

最初にお城や聖ニコラ(サンタクロースの由来の聖人)の遺骨が祀つられる教会等に行った後、迷路のような旧市街を心赴くまま散策しました。
b0094239_3382160.jpg
b0094239_3201053.jpgb0094239_3202490.jpg
b0094239_3203711.jpgb0094239_320522.jpg
この街での滞在時間はわずか3時間。
小さい街だったからこそ迷子になる事もなく、路地裏好きの彼はかなり楽しんでいました。

More
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-17 23:30 | Reisen   旅

船旅Ⅰ ~Venezia

夏の間は出張者が多かったりしてようやく遅い夏休みです。
16日から8日間の船旅がスタートしますが、船に乗り遅れないようにベニスに前泊しました。
b0094239_1405978.jpg

乗船は午後なので、それまで彼の大好きな街を散策。
b0094239_14125529.jpg
b0094239_14131274.jpg
b0094239_13581987.jpg
これまでベニスへは秋・冬しか訪れた事がなくて夏は初めてでしたが、少しばかり磯臭いけれど暑い日差しでキラキラしていて、「夏休みが始まる」という気分になりました。

さて、乗船です。
b0094239_14333396.jpg
船名はCosta Serena。
今年進水したばかりの乗客3000人+乗務員1100人の大型船です。
b0094239_1434325.jpg
私達の船室は、こんな感じです。
バルコニー付きの少し広めの部屋にしました。

いよいよ出航です。
b0094239_14373979.jpg
船室(7階)から見た今までと違った感じのベニスの風景。
次の寄港地は、Bariです。

おまけ。
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-16 20:30 | Reisen   旅

秋の森

この所、毎日10℃以下で冷たい雨がよく降ります。
今の時期は暖房が入らないので、寒がり(でも暑がり)の私はかなり厚着してます。
どうやら9月が一番寒い時だそうです。
そんな寒い毎日で一日だけ雨が降らなかった日に、近くの森へ散歩に誘われて行きました。
b0094239_1274175.jpg
b0094239_124318.jpgb0094239_1214652.jpg
野苺はすっかり無くなってましたが、白っぽい実やこんな可愛らしい実がまだ残ってました。
b0094239_121623.jpg
白樺の森も秋の風情でした。
モスクワの秋はとても短いそうで、黄金の秋もほんの少しだと言う人もいます。
実は、明日から24日まで遅い夏休みでアドリア海&エーゲ海のクルーズの旅に出掛けます。
もしかして帰ってきたら、落葉していて冬のようになっていたりして・・・。

そんな訳で25日迄お休みします。
旅先は28℃前後。
ここと20℃温度差があるので、体調を崩さない様に息抜きしてきたいと思います。
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-15 02:57 | täglich  日々のコト

Измайловский Рынок

刺繍の宿題に追われすっかり更新が滞ってますが、週末にモスクワ北にあるイズマイロフというお土産市場に行って来ました。
b0094239_1347965.jpg
所謂お土産用のマトリョーシカが売られているお店以外にも職人さん本人のお店があったり、
ロシアの民芸品が数多く立ち並ぶ大きな市場です。
b0094239_145561.jpg
中央階段の広場では、いつも民族衣装を着たおばあさん達が歌を唄ってます。



More
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-13 16:05 | täglich  日々のコト

Kaiser Semmel

夫が日本出張から戻って、ようやくカイザーゼンメルが作れるようになりました。
b0094239_2135457.jpg

外側カリっと中がモチっとして好きなパンの一つです。
元々はオーストリアのパンですが、隣接する南ドイツ(バイエルン州等)でもポピュラーで、
その方面へ旅した際の朝食でこのパンを食べるのが楽しみでした。

b0094239_337511.jpgDUS(NRW州)でも売ってましたが、製法が違うのか、クラムのモチッリ感が少し足りない気がしてました。
そこで、自分で作ってみようと、昔習った時に使ったゼンメル型をあちこち探しましたが、見つかりませんでした。
DUSのパン屋さんに問合せたら、「ナイフで切り込みを入れているので、型は使っていない」との事。(あの食感の違いは、切り込みと型押しの違いなのかもしれません。)
そんな訳でドイツで買うのを諦めていましたが、ネット販売で←この型を見つけて、今回、彼の宿泊先へ。
日本は何でも手に入る便利な国と改めて思いました。
今回は、石が無い為に蒸気注入できなくて、クラストのカリッとさがあまり出ませんでしたが、
中はいい感じにモッチリしたので、嬉しくなってます。
次なる目標は「石」。
日本の園芸店のように小石が売っているといいのですが・・・。
[PR]

by hiro-schon | 2007-09-07 04:33 | Handarbeit 手作り