<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Узбекская Лепешка (ウズベキスタンのパン)

これまでロシアでおいしいパンにあまり出会えず、パンは手作りしています。
そんな中、ウズベキスタン料理店のパンはなかなか美味しくて、それを目当てに近所のレストランへ食べに行っていましたが、少し離れたスーパーで売っているのを発見!
b0094239_152182.jpg
モチモチした食感は同じで、これにはゴマが掛かっていて香ばしく美味しかったです。
ナンに似ているけどちょっと違う、一体どんなレシピなんだろう?・・・気になります。
[PR]

by hiro-schon | 2007-05-31 01:16 | Essen  食

モスクワでもソフトボール

この所、連日25℃を越える暑さで昨日は30℃もあり、一ヶ月前に雪が降ってたなんて
嘘のようです。
b0094239_15041.jpg
そんな中、週末にジャパンクラブ主催のソフトボール大会が行われてます。
DUSでのソフトボール大会は一日に集中して各チーム3,4試合やる形でしたが、こちらでは約1ヶ月に渡って各チーム1日に1試合、モスクワ大学内の野球場で毎週末行われるようです。彼のチームもこの週末に試合がありました。
DUSのような芝生のグランドではなく、きちんとしたグランドなので、芝生アレルギーの私にはとても楽で、楽しく観戦ができました。
[PR]

by hiro-schon | 2007-05-28 16:09 | täglich  日々のコト

Детский Mир(ジェーツキー・ミール)

昨日に引き続き27℃を越える暑さで、すっかり春の陽気を通り越してます。
あまりの暖かさなので、この週末でチューリップも終わりになってしまうと思います。
b0094239_22204467.jpg
この前ようやく打った花粉症用の注射が効いてきたみたいで身体が少し軽くなった事もあり、センターへ出掛けてきました。
b0094239_2221117.jpg目的地は、Детский Mир(ジェーツキー・ミール)。
ちょうど今年で50周年の老舗の子供専門百貨店で、おもちゃや本、文具、子供服など子供用品中心のデパートです。
中央には大きなメリーゴーランドもあって、子供達にはきっと夢のような場所だと思います。
実は、彼は働く車やら昔の車が好きなミニカー収集家。
今のロシアであまり見かけなくなった旧式のラーダがお目当てでしたが、そんな古い車が好きな子供がいるはずもなく、販売されていませんでした。
b0094239_23394927.jpg

その後、革命広場を歩いていると、お土産物の屋台の前に、こんな観覧車がありました。
何と、左の男の人が手で回転させるのです。
座っている親子の反対側に重しを乗せて、ゆっくり回ります。
最新式の遊園地が増えている一方、昔の可愛らしい木製の遊具も立派に健在していて、何だか楽しくなりました。
[PR]

by hiro-schon | 2007-05-20 23:46 | täglich  日々のコト

ボビンレース ~ Muster Nr.4

ここ2,3日、20℃を越す暖かさ(暑さ?)です。
天気が良いので、散歩したい気持ちはやまやまですが、白樺花粉が飛んでいる(近年よりも大量だそうです)為に、家から出れません。
そんなひきこもり中に、やりかけのまま引越荷物の中に入れてきた内の1つを完成させました。
b0094239_19563048.jpg
久しぶりのボビンレースは楽しい♪
集中してやっていると心が落ち着いてきます。
クッサンにボビンと共に張り付いている作品があと2つ。その内1つは大作ですが、頑張ります。
[PR]

by hiro-schon | 2007-05-18 23:41 | Handarbeit 手作り

宴のあと・・・

昨晩は、この前のマドリッド旅行で密輸してきた冷凍タコで、お世話になっている方をお招きしてたこ焼きパーティーをしました。
メインはたこ焼きですが、そのほかに何もないのもと思い、大根と厚揚げの煮物や密輸チョリソのせ焼きマッシュルームなどを作りました。 ・・・が、写真はありません。
b0094239_19154019.jpg
人を招く方なのに、毎度の事ながら写真を撮る余裕がありません。
ホントはそれ位の余裕が無いようではホステス失格だといつも反省してます。。。
お帰り頂いた後は飲みすぎでクラクラしながら洗い物をするのが精一杯、今朝は重い頭を抱えながら空いた瓶達を片付けました。→

b0094239_19155577.jpg
まあ、とりあえず皆さんに喜んで頂けたから、良しとしてます。・・・すぐ立ち直るから、同じ事を繰り返すのかもしれませんね。

今日は、作りすぎた残り物で楽をさせて頂きます。
←残ったタコで作った青しそとガーリックのたこライス。
[PR]

by hiro-schon | 2007-05-13 20:29 | täglich  日々のコト

戦勝記念日

昨日9日は、戦勝記念日で祝日でした。 (↓旧KGB本部前の戦勝記念デコレーション)
b0094239_18334545.jpg朝からロシアTV放送局は、ロシア国内だけでなく、旧ソ連であった各地でのパレードや記念式典の模様がずっと放映されていました。
2年前バルト3国を旅行した時に、ちょうどこの戦勝記念の催しでリトアニアの街がとても盛りあがっていて、ドイツでは当然の事ながら無かった催しに少し驚いたのを思い出しました。
午前中ものすごい数の軍隊が整列・パレードしていた赤の広場は、夜になると特設の巨大ステージでロシアの人気歌手による歌の祭典が行われました。歌といっても耳馴染みのある「カチューシャ」や「ともしび」等のロシア歌謡や(たぶん)軍歌が現代アレンジされていて、懐メロ・ショーみたいでした。
お昼の中継の時にも花束を抱えて胸に沢山の勲章がついた昔の軍服を着ている老人が誇らしげにインタビューされていたので、今は戦勝記念というより退役軍人の日という感じなのかもしれません。
22時になると一斉にいろんな所で花火があがりました。
綺麗というより爆撃みたいな音が至る所で響き渡り、怖かったです。
b0094239_3533817.jpg

[PR]

by hiro-schon | 2007-05-10 19:29 | täglich  日々のコト

Mосква ~ Tвeрская Улица

b0094239_20282250.jpg少し肌寒かったりもします(急に粉雪が降ります)が、ようやく春の陽射しが戻ってきました。
白樺花粉に悩まされてはいますが、折角のお天気なので、日曜日はモスクワのセンター(都心)から北西に延びるトゥヴェルスカヤ通りを散策しました。
この通りはクレムリンから遥かSt.ペテルブルグまで通じています。
b0094239_20543477.jpg↑凱旋広場からスタート。
遠くに見えるのが、代表的なスターリン建築様式の一つのウクライナ・ホテル。 手前が、スターリン建築風の塔があるペキン・ホテル。
←プーシキン広場下の地下街。
モスクワの地下道にはこんな感じのちょっと怪しい(?)地下商店があります。
b0094239_21132391.jpg帝政時代には文学サロンで、1901年に改装された老舗の食料品店「エリセーエフスキー」→。
豪華な内装だったので、超高級スーパーかと思いましたが、比較的手の届く範囲の価格帯のデリカテッセンでした。

↓モスクワ市庁舎前のトゥヴェルスカヤ広場は、戦勝記念日用ステージを製作中でした。
b0094239_20285750.jpg
b0094239_21542980.jpg5/9は、ドイツ軍に勝った戦勝記念日(祝日)なので、その記念ポスターが通り沿いの各店舗には必ず張ってあったり→、
b0094239_20291762.jpg






←横断幕や垂れ幕で飾られていて(奥が中央電信電話局)、少し独特な雰囲気になっていて、ちょっとひき気味になりました。b0094239_22494534.jpg

←マネージ広場の大通りに面した所は、こんな飾りつけでした。

↓終点のマネージ広場。
天気が良かったからか、寒い時期には見た事ない程の沢山の人で賑わっていました。
通り中が戦勝記念日用の飾りつけでしたが、気持ちの良い散策ができました。
b0094239_2250719.jpg

[PR]

by hiro-schon | 2007-05-07 23:19 | täglich  日々のコト

Spain ~ Madrid & Segovia

祝日の少ないロシアでは5月1日(火)メーデーは休日でした。
月曜日をお休みすれば4連休だと思っていたら、今年は月曜日も祝日にする替わりに、
その前の土曜日を労働日にすると2週間ほど前に政府発表がありました。『振替休日』は耳にしますが、『振替労働日』というのは今まで聞いた事がありません。でも、このような取扱はロシアでは割と一般的だそうです。直前にならないとこうした休日が決まらないので、年始に販売されるカレンダーには祝日についてあまり明記されてません。

折角の連休なので、自由に動き回れて美味しい物を食べれて、こんな直前でも航空運賃が比較的安く手配できたスペインのマドリッドに3日間行ってきました。
b0094239_20164099.jpg早朝のフライトで正午頃到着後、彼の先輩夫妻と「Tapelia」でランチしました。
日頃、生野菜が中々食べられないので、最初のサラダ2品の新鮮な野菜に感激しつつ、次のイカ墨のコクとアルデンテのお米が絶妙なイカ墨のパエリア、FIDEUAと呼ばれるパスタのパエリアがとても美味しく大満足でした。
b0094239_212273.jpgb0094239_21222660.jpg

b0094239_22324457.jpgその後、 車でマドリッド北の古い城塞都市セゴビアに案内して頂きました。
ディズニー「白雪姫」のお城のモデルになったアルカサルや欧州各地に残るの中で最も美しい橋の一つとも言われているローマ水道橋、そして、久しぶりに見るゴシック様式のカトリック教会は懐かしく感じました。
b0094239_2234777.jpgb0094239_2241853.jpg
何よりも、坂道を上って行く時に見た、赤茶色の屋根と青い空がとても心に残りました。
b0094239_22104320.jpg

b0094239_2247177.jpgその夜は、シーフードレストラン「Puerta 57」。
ここは、レアル・マドリッドのホームグラウンドのSantiago Bernabeuの中にあるレストランで、スタジアム57番ドアの所にあります。
注文したのは、Cochinas(小さな貝)オリーブ炒め、Gambas Blanco(白海老)、Chanquetes(白魚)のフライに半熟目玉焼きのせ(黄身を絡めながら食べます)、Arroz Caldoso(ロブスターを一匹ぶつ切りにして煮込んだリゾット)。
頼みすぎて全部食べる事が出来なくて残念でしたが、美味しい幸せな夜でした。b0094239_23213893.jpgb0094239_23233897.jpg
b0094239_23242015.jpgb0094239_23243939.jpg

b0094239_23284934.jpg2日目は、ホテルの目の前にあるティッセン・ボルネミッサ美術館と
プラド美術館で一日美術鑑賞。
←日曜日は入場料がタダになる為、長蛇の列のプラド美術館。
夜は、「Corral de la Moreria」というタブラオでフラメンコを見ました。
すごく盛り上がり、4ステージ見終わって時計を見ると午前2時前。
何度も見ても素敵な踊りです。
b0094239_2355455.jpgb0094239_2356494.jpg

b0094239_23592329.jpg最終日は、王宮にも行きましたがメインは買出しでした。
←1番のお目当ては、Jamon
Iberico(イベリコ・ハム)。
さすがにモスクワまでイベリコ豚の「足」を持ち帰えれないので、スライス済み300g。そして、次なるお目当ての白アスパラは、もう時期が終わってしまって駄目でした(泣)が、冷凍のタコやシェリーが買って帰る事ができました。
復路が深夜便だった為、空港税関が閉まっていて税金還付を受けられないというアクシデントはありましたが、久しぶりに青空の下で自由に歩き回り、美味しい物をお腹一杯食べる事ができた幸せな旅でした。
[PR]

by hiro-schon | 2007-05-03 00:42 | Reisen   旅