<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

サッカー親善試合観戦

昨晩は、日本対ドイツのサッカー親善試合に行ってきました。
W杯ドイツ開催というのに、我が家で取れたチケットはこれのみなので、サッカー好きの彼は大盛り上がりの観戦でした。試合は、2-2の引き分けである意味いい試合でした。
b0094239_7131729.jpgでも、応援は負けてましたね。
日本側はデュッセルの日本クラブからバス12台が出るなどそれなりの人数でしたが、やはり地元だけに会場7割のドイツ人の野太い声援は迫力がありました。それに最初の内、日本からの応援団の太鼓とDUS組との声援が合って無い感じでした。たぶん、日本国内での声援の仕方があるのかもしれませんが、こっちに住んでいる人は分らないからズレちゃったんだと思います。事前練習が必要だったかも。
あと、こちらでサッカー観戦するといつも思うのですが、試合が終わった後の交通整理が本当に見事です。会場周辺から主要アウトバーンまで徹底した規制がひかれ、会場出口から割りとスムースに出れます。横浜花火大会やTDL周辺の大渋滞から考えると、特にそう思うのかもしれません。「ルールを決めたら厳守する」ドイツ人気質の一片のような気がします。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-31 15:30 | täglich  日々のコト

苺とSekt

苺というと、日本では冬のものというイメージがありましたが、こちらでは初夏くらいから美味しいものが出回ります。(冬に、どうしても必要になって買い求めたら、味が全く無くてただカリカリ硬い不味いものでした。)今年は先週から買い始めましたが、どれも甘くて大当たりです。もっとも在独4年目にもなると目が利いてくるのかもしれません。
早速、シャンパンならぬ「Sekt」と苺を楽しんでます。
ドイツ産の発泡酒のことを「Sekt」と言います。もともとシャンパン好きなので、ここでしか飲めないSektをいろいろ試してます。
b0094239_16314959.jpg
明日の紅茶の会では、苺とSektを使ったチーズケーキをお出しする事にしました。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-30 14:21 | Essen  食

Norway ~ Fjorden

先程、オスロ&ベルゲン、ノルウェー旅行から戻ってきました。
澄んだ空気、フィヨルドの大自然、23時半にようやく暮れる陽、そして美味しい魚介類、とても素敵な旅でした。
b0094239_44332.jpg
フィヨルド側のホテルの窓から。日暮れや朝日を眺めていると、時間が止まったような静けさを感じる事ができました。
b0094239_445686.jpg
フィヨルド観光船に乗る前に撮れた「逆さフィヨルド」。
北欧にあまり興味がなかった彼も海洋博物館で見たノルウェー全土のビデオに影響されて、北ノルウェーの海辺の村々をゆっくり訪れたいと言っています。来年まだ駐在していたら、計画してみたいと思います。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-29 05:54 | Reisen   旅

バタバタ

今日はバタバタの一日でした。
水曜日はカリグラフィーとボビンレースという神経を使うレッスンがある日な上、明日から昇天祭の休暇を使って旅行をするので、その為の買い物や準備等で気忙しかったです。
ようやく一通りの事が終わりましたが、早く寝ないと明日は4時起きです。
行き先はオスロ&ベルゲン、ノルウェー旅行です。明日から3日間お休みします。
b0094239_1749169.jpg
写真は、これまでのボビンレースの課題作品。
小さなコースター類が終わったので、これからは18cm位の大きさです。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-25 07:24 | Handarbeit 手作り

Spargeltopf

今日は、紅茶を飲みながらボビンレースしたりして、ゆったりすごしました。
こんなふうに丸一日予定が空いているのなら、本当はパンの会をしないといけないのに、ついつい皆さんにご案内せずに自分の為だけに使ってしまい、リフレッシュできた反面、パンの会の再開を待っていらっしゃる方々に申し訳なく思っています。
b0094239_74319100.jpg
写真は、アスパラ専用鍋です。
「日本に持ち帰っても使い道がないんじゃないの?」とよく言われますが、白アスパラを美味しく食べたい気持ちと、ドイツならではの鍋(キッチン用品に目が無い為)だと思い、最初の年に購入しました。
茹でるよりも蒸した方が、シャキシャキ感+アスパラの味が詰まっていて、美味しい気がしてます。今晩は、蒸してレモンバターソースでいただきました。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-24 07:46 | Essen  食

FLUGTEE

今日はSさん主催の紅茶を楽しむ会の3回目。
テーマは、「インド紅茶を楽しむ」。
先日「ドイツはダージリンの買い付けが多い国」と書きましたが、ダージリンに限らずインド紅茶は良質の物が比較的手に入りやすく、ここで入手できるインド主要産地別紅茶(ダージリン1st./2nd./Autumunal、アッサム、ニルギリ、ドアーズ)の飲み比べとインド紅茶を使ったバリエーションを紹介致しました。
b0094239_16103822.jpg
今日の目玉は、やはりDarjeelig1st.Flush。
こちらでは「Flugtee」と言います。
摘みたてをすぐに運んできた事を表す為に、パッケージに飛行機や鳥が描かれています。
鮮やかな緑の葉が多く、それでいてまろやかさや甘さを感じる方が多くて大好評でした。
昨年のものより今年の方が美味しいと感じていただけに、皆さんに美味しいと思って頂けてとても嬉しかったです。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-23 08:22 | Tee   茶

600gのステーキ @ Gut Jägerhof

嵐の後で良いお天気でしたが、17℃と涼しい一日でした。
朝からボビンレースの課題に取り組んでました。ドイツの照明は少し暗いので、ボビンレースのような細かい作業はお日さまの下が一番はかどるので、午後はずっと頑張りました。
b0094239_751048.jpgしかし、折角の良いお天気なので晩御飯は見晴らしの良い所で食べようという事になり、車で15分位の所にある “Gut Jägerhof”へ。もう少し暖かければテラス席が一杯になるのに皆店内。私達は運良く窓際の眺めの良い席でした。
19時過ぎで、まだこの明るさです。これからもっと陽が長くなり、本当に気持ちの良い季節になります。
b0094239_7573011.jpg彼はここの名物は600gのTボーンステーキ(写真)、私は無難(?)にランプステーキにして二人共おなか一杯になりました。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-22 07:01 | täglich  日々のコト

ドイツで花火

昨晩、疲れていて書けなかった20日(土)のコト。
朝から雨、おまけに強風で10℃と寒い日でした。
日本クラブ主催の日本デー。日本文化を紹介催しやお祭り、屋台が出る大イベントです。
中でも一番の目玉イベントは夜22:30からの花火で、わざわざ日本の花火師さんを呼んで行う本格的なもので、これ目当てに近郊からも沢山人が集まります。(去年は100万人とか。)しかし、残念ながら雨で中止になってしまいました。ベルギーのアウトレットへ彼の靴を買いに行っていた(小足の彼の靴サイズはドイツでは皆無なのです)為、中止のニュースを知らず、駄目モトで22:30にRheinParkに行くと、案の定誰も居なくて、近くを歩いていた優しいドイツ人女性が中止の事を教えてくれました。
b0094239_842226.jpg家に戻ると、うちのアパートの裏(裏の敷地は広大なドイツ軍用地)で花火が上がってます。
日本クラブのものとは全然比べ物にならない規模の花火ですが、ほんの少しだけ花火見物を楽しみました。ドイツでは大晦日以外、花火を上げるのは禁止されていて、許可がいるようなのですが、時々理由が分らない時期にここでは花火があがります。
やはりドイツ軍だから特別なのでしょうね。
とりあえず、ほんの少しだけ花火の気分を味わいました。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-21 16:53 | täglich  日々のコト

Darjeeling 1st.

朝は本格的な雨が降っていて一日中雨かなと思っていたら、お昼からはまた気持ち良く晴れました。この時期のドイツは、花粉のコトを除けば本当に素敵な季節です。
夕方ブリッジの練習から帰ってきても、まだ陽は長くて気持ちが良かったので、早速入手したばかりのダージリン1st.フラッシュを淹れてのTeatime。
b0094239_16144369.jpg
ドイツはダージリンの買い付けが多い国なので、紅茶店に行けば茶園の物が入手できて嬉しいです。
写真のベアは、シュタイフのW杯日本代表ユニフォームを着た限定ベアです。
さて、明日は、ビック・トーナメント前で私が参加できる最後のWeeklyトーナメント。
R子さんに迷惑掛けないように、頑張らないといけません。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-19 08:15 | täglich  日々のコト

終わらない!

今日は、午前中は先々週花粉症の為にお休みしたカリグラフィー教室の振替レッスンで、今やっている書体の清書で、何とか書き上げました。
そして、午後は問題の暖房の修理で、ちゃんとマイスターもやって来て直してくれました。これも無事に終了。

さて、何が終わらないかというと、写真のボビンレースの宿題です。
普通の鍵編みのレースとは違い、繊細なボビンレース。
b0094239_1465178.jpg
ベルギーに行く度に素敵だな~と思っていたけど、自分でやるのは大変そうだと二の足を踏んでいましたが、どうしてもやりたい気が勝って、昨秋から習い始めました。
毎回宿題が出るのですが、細かい作業なので、なかなか進まなくて大変です。
今回は週末に遠出した事もあって、殆ど手をつけていない状態。午後から始めて20時迄は外が明るいので快調でしたが、それ以降は電気の下だとやり難いので、結局、今(AM2時)迄やってあと少しでしたが、目がショボショボと限界になったのでやめました。
これからもっと細かい素敵な作品になっていくので、嬉しい反面・・・。頑張ります。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-17 09:23 | Handarbeit 手作り