ГЖЕЛЬ村へ

先週行った遠足ひとつめは、モスクワから車で約80Kmのグジェリ村へ出掛けました。
b0094239_0204475.jpg
陶器の村として発展したグジエリ村は、工場直営店やお土産屋さんが数十軒あるものの、のんびりした所でした。




b0094239_014466.jpg
道路沿いには看板と共にグジェリ陶器が置いているお店が多く、それを見るとついお店に吸い込まれてしまいます。

b0094239_051644.jpg
店内は、藍色×白の色合いの素朴で温かみのある陶器が一杯。
思わずテンションが高くなってしまいます。

b0094239_0858100.jpgb0094239_091046.jpg
工場見学しては併設のお店で買ったり、合計10軒以上のお店に寄っては、同行者の誰かが必ず何かを買ってお店から出てくるので、ドライバーさんを苦笑いさせていました。

b0094239_023071.jpgb0094239_0231739.jpg
b0094239_0381219.jpg
お昼(買い物疲れ?)に寄ったカフェも店内にグジェリの暖炉や照明器具が使われていました。

←頼んだ紅茶も勿論、グジェリのカップでした。

沢山のグジェリを見て、お腹?一杯で帰ってきました。
・・・遠足というより、お買い物ツアーですよね、これは。(笑)
とにかく幸せな気分になれたので、楽しい旅だったとさせて下さい。

さて、私が買った物はというと、先日UPしたメロン売りおじさん達の他は、
b0094239_2191077.jpg
ティーポットを持った女性の蓋付きディッシュ。
スカートの中が空洞で蓋になり、スコーンやマフィンを入れて保温しておけます。

b0094239_225035.jpg
紅茶を飲む二人の飾り絵皿。
女性は、カップではなくソーサー(受け皿)から紅茶を飲んでいます。
受け皿からお茶を飲む風習がロシアにもあったのが窺えます。
この絵皿をご覧になったソ連時代に駐在されていた方から、「昔、カフェでロシア人のおじいさんがこうやって飲んでいるのを見た事がある。」と聞いて興味深かったです。

b0094239_2345270.jpg
紅茶を飲む貴婦人の人形。
テーブルの上には、サモワールが載っています。
いかにもロシア婦人という感じがするのと、これもソーサーから紅茶を飲んでいる姿です。
実は、この人形、次の遠足地で見た絵を元に製作されているようです。

b0094239_2402570.jpg
最後は、グジェリのティーポットやカップ&ソーサーが駒になったチェス。
チェスはやらないのに、その可愛さに悩んだ挙句に買ってしまいました。
ここでチェスは盛んなので、これを機に覚えようかしら。
これを夫に見せたら、「どれがナイトでどれがキングなのか分んないし、実用的でないよね。」と言われてしまいました。でも、いいんです、自分で何の駒か決めれば。

以上、お茶関係中心の買い物になりました。
お茶に関する物となると、ついつい歯止めが効かなくなります。いけない、いけない。
また行ってみたいグジェリ村でした。
[PR]

by hiro-schon | 2008-08-22 04:21 | Reisen   旅