Арбуз и Дыня

今週は2回も近郊の街へ出掛けてバタバタしていて、また更新が滞ってました。(やっぱり無精者ですね。)

さて、この所、連日30℃前後の暑さで夏が戻ってきた感じです。
暑くなると、食べたくなる物というと、コレ。
b0094239_21453154.jpg




b0094239_010415.jpg
すいかと手前のはメロン(Дыня)です。

このメロン、楕円形で大きく(↑今回のはかなり小ぶり)て、中身は白く、とても甘い果物です。
←真ん中から切った断面です。
夫はこのメロンが大好きで買い物に行くと必ず買います。
「このメロンを食べれるのが、ここに来て嬉しかった事の一つ」とまで言う程です。
ただ、私はどうもメロンに対してアレルギーが出る様になっていて、一口食べると喉の奥がカユくなってしまいます。調べてみると、ブタクサ花粉症の人は、ウリ科のものにアレルギー反応が起こりやすい事が分りました。
そんな訳で、このメロンを買っても私は殆ど食べれません。
(ウリ科というと、スイカに対しても反応が出る可能性が高いから、本当は食べない方がいいのですが、好きだし、まだ反応してないから、少しだけ・・・。)


この2つの果物はスーパー等でも売っていますが、7月中旬から10月頃迄に歩道などに
こんな檻がたち、量り売りで買う事ができます。
b0094239_22204055.jpg
この檻が町なかにたち始めると、夏という感じがします。

でも、すっかり寒い10月に売られていると、少し違和感を感じます。
b0094239_22282427.jpg
これは、昨年10月の写真ですが、売り子のおじさん、ちょっと寒そうですよね。
とりあえず、これから10月迄は、夫は嬉々としてメロンを食べ続けると思います。


そんなメロンとすいか、先日のグジェリ村への遠足で、こんな置き物を見つけました。
b0094239_2232134.jpg
メロン売りおじさんとすいか売りお姉さん。
何だかとても愛嬌があって、このおじさんの事も気に入った夫、やはりブサイク好きなのでしょう。
[PR]

by hiro-schon | 2008-08-16 23:41 | täglich  日々のコト