お湯が止まりました

今日も快晴で18℃前後と気持ちの良い日です。
b0094239_23423133.jpg
昨日は、白樺花粉症用の注射が効いていて調子が良くて、いいお天気なので、スズランが咲いているという近くの森に行ってみました。

b0094239_23465265.jpgしかし、悲しい事に、←こんな状態のスズラン一輪にしか出会えませんでした。
やはり先週の連日30℃以上の猛暑で枯れてしまったか、散歩する人々に摘まれてしまった様です。。。
もう少し早く行かなくてはいけなかったと思いますが、ここは冬にも散歩した白樺の森
花粉症が酷い私には、薬が効くまで近づけません。
とりあえず、気持ちよく散歩できたと思うようにしましたが、来年はもっと早く注射して、スズランの群生を見たいな。
さて、今日からお湯が止まりました。
ロシアでは、夏前に給湯管の整備点検という事で、約3週間の間、全面的にお湯が止まります。その時期については、毎年変るし、地区によっても違い、突然通知されます。
今朝は、朝もシャワーを浴びる彼の「お湯が出ないよ」という言葉で、眠気が吹き飛びました。可哀想に水シャワーで出勤して行きました。
お湯が出なくなる話はこちらに来る前から何となく知ってましたが、勝手に7月頃だと思っていたので、いきなりの事に驚きました。
b0094239_0301539.jpg(後で分ったことですが、どうやら昨日掲示されていたようで、ここは6/25迄止まります。)
早速、管理人さんに連絡して、お風呂場にあるボイラーを点火して貰いました。
狭いお風呂場なので、大きなボイラーにいつも圧迫感を感じてましたが、ボイラーが付いていないアパートもあるから、ありがたい事です。
このボイラーで、大体バスタブ1杯分位のお湯の量で、カラになって新しく沸くのに大体数時間掛かります。
これからしばらくの間は、お湯の量を気にしながらの生活(主にシャワー?)となります。
今回は運良く、週末からドイツへ行くので、少しホッとしてます。
どこでも水とお湯の配管が行き届き、どの家庭でもお湯を使う事が出来るのはすごいと思う一方、こんな時期があるなんて・・・。
[PR]

by hiro-schon | 2007-06-06 01:47 | täglich  日々のコト