紅茶のある風景

この所お天気が良く、今日もすがすがしい朝を迎えました。
我が家の台所は、大概窓を内側に倒して空気の入れ替えをしています。
今朝、窓の近くに置いていたお盆を触るとザラっとしていて、嫌な予感。早速、水拭きしてみると、イヤーっ!真っ黄色です。花粉なんです!
そんな訳で、朝から家じゅう大掃除をしました。

さて、今日はFさん・Oさん主催の紅茶を楽しむ会の2回目。
テーマは、「紅茶のある風景」。
英国のシーン毎のティースタイルをご紹介し、ティータイムを演出する道具類について、選び方・お手入れ方法などを説明致しました。
ドイツに居るのに、英国式のティースタイルをご紹介する事について、最初は抵抗がありましたが、私自身が学んだのは英国式ですし、伝統的なティースタイルを知った上で参加された方達が各々その中からご自分に合った自分流の紅茶の楽しみ方を見つけて頂ければと思い、このテーマを組み込んでいます。
b0094239_161761.jpg
写真は、アーリー・モーニングティー向きの紅茶としてご紹介したハロッズ社「Morning」。
先月のロンドン買出し旅行の際に入手しました。店員さんにどんな味がするのかと聞いた所、茶目っ気たっぷりに“ウワッ!”と驚いた顔をして「それ位、目覚めがスッキリするよ。」と答えてくれました。
確かにストロングな味ですが、ミルクを入れるほどではなく、ストレートですっきりと飲むという感じです。皆さんにも好評でした。
[PR]

by hiro-schon | 2006-05-10 06:47 | Tee   茶