東北地方太平洋沖大地震

3月11日に起きた大地震、被災された多くの方々に心からお見舞い申し上げます。

TVからの映像、信じられない光景に言葉も出ず、涙があふれています。
二次災害が広がる事なく、どうかできるだけ早く多くの人の救助ができますように、
そして一日も早く復興されますように、ただただ心から祈るばかりです。


地震発生時、昼寝から目覚めた娘をちょうど抱いていました。
そのまま娘を抱き締めて机の下に隠れるのが精一杯。揺れがおさまるのを祈るばかりでした。
地震直後から停電して状況が全く分からず、逗子市の大津波警報が放送されていたので、一応近くの高台の住宅地に一時避難していました。
日没近くに家に戻りましたが、夜中の2時頃まで停電していて小さい懐中電灯で暗く、怖がって泣き叫ぶ娘をあやすのが大変でした。
夫は帰宅難民となり会社に泊まり翌朝ヘロヘロになって帰宅しました。
それでも私達は無事であるので、幸せです。
本当に被害に遭った方の事を思うと、胸が痛みます。
これからまだまだ注意が必要な状況ですし、今朝は計画停電が実施されました。
計画停電中は、電気は勿論我が家の場合ガスも使用できない為にかなり不便ですが、それでもまだ水道は使えるので有り難いです。

母として気持ちをしっかり持ち、自分に何が出来るかを考えて行動しなければならないと思っています。
[PR]

by hiro-schon | 2011-03-15 22:25 | täglich  日々のコト